スポンサーリンク

痒み止めで処方された【セレスタミン配合錠】のまとめ

効き目が強いほど副作用が気になります

no-img2″>
<figcaption class=
わたし

前回頂いた痒み止めの飲み薬、常備薬として念のため欲しいんですけど・・・

no-img2″>
<figcaption class=
先生

いいですよ。

no-img2″>
<figcaption class=
わたし

あの薬ってずっとずっと飲み続けても大丈夫なんですか?

no-img2″>
<figcaption class=
先生

特に心配はないですよ。
気になるようなら症状が落ち着いたら4分の1にしたり、2日に1回にしたり量を調節して下さい

で、処方してもらった薬がこれ

f:id:leo-roy:20180605022703j:plain
セレスタミン配合錠TTS-311

G.W.前に処方された痒み止めの薬がとても良く効いたので、「痒がって皮膚から体液や血が滲むほど掻いている時にまた飲ませたいから」と言って常備薬として処方してもらいました。

今回処方してもらう時に副作用の事が気になったので聞いたら「副作用の心配はない」と言われたんだけど、あんなに良く効く薬なのに副作用がないなんて…

気になったので調べてみた事のまとめ

  • 人間の花粉症の薬でも使用される
  • 市販薬の全く同じ成分での代替品はない
  • ジェネリック医薬品はヒスタブロック、サクコルチン、ベタセレニン
  • 高い効果が期待できる分、副作用も出やすい強い薬であるため購入には医師の処方が必要
  • セレスタミンはステロイド(糖質コルチコイド)
  • 1回の服用でも効果を実感できる強さがある
  • 長期服用には向かない(ジェネリックも同様)
  • 頓服として、もしくは1週間程度の服用を限度とする
  • ※ 頓服 ⇒ 食後など決まった時間ではなく、発作時や症状のひどい時などに飲む薬
  • 人間が服用した時の副作用で眠気、喉の渇き、食欲増加 ⇒ 肥満
  • 長期服用による眼圧上昇 ⇒ 緑内障 ⇒ それだけは嫌だ
  • 一般的に人間より犬の方がステロイドに対する耐性が高いと言われている ⇒ だから何?絶対じゃないし…
  • セレスタミンは痒み止め。マラセチアには効かない。マラセチアには真菌用抗生剤の服用や真菌用のシャンプー(マラセブシャンプー)を使う
  • 咳止めにもなるらしい ⇒ どういったメカニズム?
  • 体重7kg(この頃デブ犬)で1日1回、2分の1錠を与える症状が収まってきたら1日1回、4分の1錠にするもしくは2日に1回にするなど量を減らすと教えられた
  • 人間の場合、成人は1回1~2錠を1日1~4回服用なんだけど、体重7kgの小型犬でこの指示された量は適切なのか?
  • とりあえずはよほど痒がった時に飲ませるようにして、今はマラセブシャンプーで症状を抑えることにする
  • 副作用については本格的に継続して服用するかもって時に心配すればいい
  • 今は知識が入っただけでも安心

思うところは色々あるけれど、ステロイドは上手に付き合えば良い薬なのも分かっています。
一番良いのは薬に頼らないで痒みを抑えることですね。

この記事は私がネットで調べたことを記録として残しているだけです。確実な情報とは言い切れませんし何かあってもこちらでは一切の責任を取りません。

スポンサーリンク