スポンサーリンク

診察記録・左前足のびっこ

5日ほど前のこと

夜、いつものようにロイが座布団の上で寝ていて、起きたら右足をかばうように、びっこをひく感じで歩き出した

ロイ本人もビックリしてる!

それまで普通だったので、おそらく痺れたのだろうと翌日まで様子を見ようと楽観的に考えていた

でも、念のため動画を撮影。動画の読み込みが遅いと最初はカクカクするかも…旦那の脱ぎっぱなしのズボンは見ないで、お願い。

犬 足 びっこ

翌朝は普通に歩いていたので、やっぱり痺れたんだ、犬も痺れることあるんだ~と思った

時は経ち、昨日の散歩の時、普通に歩いていて道端をクンクンして・・・そして歩き始めた瞬間、ぴょこぴょことびっこをひいて歩き出した!

何で?????

びっこになる要因は全くない状態なのに。

数日前も今回も、ワンともキャンとも言わない。
触ってもうんともすんとも言わない。
痛がる素振りは全く見せない。

今朝もびっこは治らない。朝ご飯を食べる時も足をつかないで3本足で立って食べていた。

症状が酷くなる前に(症状が現れているうちに)病院へ。

っとその前に、最近見つけた無料のドッグランでうん〇をさせようとしたけれど、ちょっと歩いたら座り込んでしまった。うん〇失敗。

その時撮影した動画はこちら。
はてブロにアップロードできるGIFのサイズが決まっているので、かなりトリミングしました。見辛くてごめんなさい。

犬 足 びっこをひく

一見普通に歩いているように見えるけれど、これは匂いに気を取られているから。家ではもっとぴょこぴょこしながら歩いている。

病院はO獣医科

待ち時間はゼロ。
触診のみの診察。レントゲン撮影とか一切なし。診察時間は2~3分程度。

相変わらず早いな

骨折、傷、脱臼等の症状はなさそうとの診断結果。

なぜか診察が終わってから、待合室でロイの状態を見てもらう。

だって、もっとしっかり診察してもらいたかったから待合室でロイをフリーにした(患者さんはゼロだったし)。私に抱っこを求めてぴょこぴょこ歩くから、その様子を先生に診てもらって質問攻め(笑)

私「関節とか痛いんですかね?」

先生「おそらく」

「膝蓋骨脱臼(パテラ)ってことはないんですか?」

「違うと思うよ」

「運動はあまりさせない方がいいですか?」

「そうだね」

「びっこだけど、なんとなく足ついて歩けていますよね?」

「うん、でもそれなりに痛いと思うよ」

こちらが質問しないと何も答えてくれないのはいつもの事。無口な町医者タイプの先生ですから。

痛み止めの薬を1週間飲ませて、様子を見ることになりました

お会計は2,214円。相変わらず明細はない。この金額の中に診察料とお薬代が入っているんだね。

薬はOnsior・オンシオール10mg

Onsior・オンシオール10mgOnsior・オンシオール10mg

慢性骨関節疾患に伴う疼痛及び炎症の緩和に効果を発揮し、椎間板ヘルニアや変形性脊髄症、そして運動器疾患などに伴う疼痛の緩和に優れた効果を発揮する非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)。

ネットでも購入出来て、ロイが頂いた10mg7錠(1週間分)でおよそ900円位。

容器?パッケージ?に対して、小粒な錠剤でした

Onsior・オンシオール10mg

オンシオールは空腹時に飲ませるので、お昼時にあげることに。

食い意地が張っているロイは、おやつに仕込んだ薬をペロリ。ネットで調べた限りでは薬そのものがビーフ味らしいです。でも万が一ペッとされても嫌だから、おやつに仕込んじゃうのだ~

疑いもなく食べるのは、先代犬レオ&先々代犬ジャッキーとは大違い

楽だね。

今回は対処療法でしかないので、根本的な原因が分かりません。
そもそもロイがなぜ突然びっこになったのかが分からないんだけれど、年齢的な関節痛であればフードを変えるなりサプリメントとかで補いたいわけで・・・それを知りたいならば T動物病院に行って詳しい検査をするべきでしょう。
今月半ばに T病院の予約を取っているのでその時に診てもらえれば・・・でも眼科専門なんだけど診てくれるかな~?前回も脂肪種の事を聞いたら軽く流されてしまった。先代犬の時から宇都宮市内で5ヶ所の病院にお世話になったけれど、本当に信頼できる病院には出会えていないのが現実ですf:id:leo-roy:20171218134536g:plain

スポンサーリンク